« アンチエイジングはつらいよ | トップページ | 今年のTA:上原クリニックは »

2006年12月10日 (日)

プラダを着た悪魔

ご無沙汰してます。パスワードを忘れまして、、、
変なトラックバックのおかげで、ログインできました。感謝

プラダを着た悪魔という映画を先日みまして、とてもよかったので、当院のスタッフにもスタッフ教育の一環として観に行ってもらいました。

外見(化粧から服装まで)とは、よかれ悪かれ、本人の考え方が現れたものであるということ、
セレブレティ、エグゼクティヴのかたが、どのような価値観をもたれているのか?
仕事に対する考え方(仕事の本質を見極め、一所懸命つとめれば、必ず自分にプラスになる)
など、勉強になることが盛りだくさんでした。

僕もスタッフもセレブじゃないですし、ホテル接客などの研修も受けたことありませんから、
来院される方々が「当院に来てよかった」と思っていただくために、ホントに手探りですが、全員で頑張っています。
僕は、ひとに本とか映画とかを勧めるのは押し付けがましくてあまりしないんですが、スタッフがこの映画をみたあと、瞳をキラキラさせて仕事をしていたので、みんな何かしらを映画から得てくれたのだと、よろこんでいます。
元気の出る映画ですから、放映中に足を運ばれることをお勧めします。
みなさま、ステキな12月を!!

英語の翻訳ですが、、
電話のやりとりで
「ガッバーナ」はD&Gのチーフデザイナーってわかると思いますが
「ドナテッラ」はヴェルサーチの殺害されたジャン二ヴェルサーチの妹で、チーフデザイナーのドナッテッラヴェルサーチってことはわかんないですよね、注釈をつけてくれてもいいような気もします。ファッション業界受けのみを狙ったているのであれば別ですが、、、当院では予め、レクチャーしてみに行ってもらいました。

|

« アンチエイジングはつらいよ | トップページ | 今年のTA:上原クリニックは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンチエイジングはつらいよ | トップページ | 今年のTA:上原クリニックは »